2010年01月12日

「指輪買いたい」新宿の強盗、通行人の女性同席(読売新聞)

 東京・新宿のデパート「新宿三越アルコット」1階の貴金属店「ティファニー」で先月31日、外国人とみられる男にダイヤモンド指輪4点(計約1500万円相当)が奪われた事件で、この男が事件直前、通行人の女性に声をかけて一緒に同店を訪れていたことがわかった。

 警視庁は、男が客を装うために女性を同席させたとみており、6日、この男の写真を公開し、情報提供を呼び掛けた。

 同庁幹部によると、男は先月31日午後3時50分頃、近くの路上で通行人の女性(26)に「妹に指輪を買いたい。案内してほしい」と声をかけ、一緒に食事をするなどした後、同店を訪れた。店では女性を横に座らせ、「プレゼント用の指輪を見たい」と言い、店員が出した指輪4点を両手の指にはめたまま、女性を置き去りにして逃走した。

 公開された写真に写った男は、年齢40〜50歳代で、身長1メートル65〜70。女性の証言などから、韓国人とみられるという。

y83ecgmpのブログ
kuroccas
クレジットカード現金化 還元率
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 比較
posted by 7ig5nv4dzs at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<毎日新聞>編集綱領制定記念のつどい…東京(毎日新聞)

 第23回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい「日本が変わる、報道が変わる−検証・政権交代」(毎日新聞労働組合など主催)が11日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。昨年の政権交代を踏まえ、シンポジウム形式で政治報道の果たすべき役割を考えた。

 パネリストは、民主党・副文部科学相の鈴木寛▽自民党・前厚生労働相の舛添要一▽ジャーナリストの上杉隆の3氏。与良正男・毎日新聞論説委員がコーディネーターを務めた。

 政治報道のあり方について、鈴木氏は「政局の動向が重視されるが、政策への関心が薄い。メディアが論議の場を提供してほしい」、舛添氏は「過去の政権批判、官僚依存の報道を脱し、政権交代をきっかけに自己改革を進めてほしい」と求めた。上杉氏は「海外主要紙の東京支局の縮小・撤退が相次いでいるが、取材時の記者クラブの閉鎖性が原因と思う」と記者クラブ改革を訴えた。

【関連ニュース】
毎日新聞:発行物一部を研究機関に寄贈 大阪で搬出作業
中部写真記者協会賞:毎日新聞・竹内幹記者がグランプリに
訃報:丸谷亘さん76歳=前毎日書道会専務理事
毎日新聞:大関・魁皇関を表彰…幕内在位98場所新記録で
毎日スポーツ人賞:GPにWBC日本代表チーム…表彰式

kmwrj3fmjrのblog
サザエさん
競馬サイト
現金化
現金化
posted by 7ig5nv4dzs at 11:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。