2010年01月17日

逮捕の男「刺して火を付けた」…千葉大生殺害か、包丁見つかる(スポーツ報知)

 千葉県松戸市で昨年10月、千葉大4年・荻野友花里さん(21)が殺害されマンション自室が放火された事件で、別の強盗致傷容疑などで逮捕されている無職・竪山辰美容疑者(48)が、荻野さんを刺し、部屋に火を付けた、と認める供述を始めたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者らによると、竪山容疑者は、昨年10月21日、荻野さん宅に侵入し、被害者のキャッシュカードを奪い、現金自動預け払い機(ATM)から現金を引き出したことを認めた上で「包丁で少し切り付けたら、もみ合いになり、刺してしまった」と供述した。

 一方で、「荻野さんに『わたしを刺して自分も死ねばいい』と言われたのでやった」との趣旨の話もしているという。また、金を引き出した後、翌22日に再び荻野さん宅に侵入すると、荻野さんは既に死亡。部屋に火を付け、「ドアをドンドンたたく音がしたので、窓から逃げた」とも供述している。

 包丁は供述通り、現場近くの千葉大園芸学部そばで発見された。松戸署捜査本部は包丁の付着物の鑑定を進めている。また、致命傷となった左胸の傷は心臓付近まで達するほど深く、もみ合ったとする同容疑者の説明と一部食い違うため、慎重に経緯を捜査している。

 同容疑者が火を付けて逃げたと供述した22日は、連絡が途絶えたことを心配した荻野さんの友人が午後8時ごろマンションに駆け付けており、部屋から出火しているのを発見し、通報していた。ドアには鍵がかかっていた。


 【関連記事】
キャッシュカード 現金自動預け払い機 園芸学部 を調べる

昨年初めからMDMA=泉田被告から譲渡−押尾容疑者、女性に使用・警視庁(時事通信)
「原則に戻れ」小泉元首相が参院選アドバイス(産経新聞)
普天間めぐり平行線 日米外相「5月まで…」「現行案急げ」(産経新聞)
山本病院元理事長に実刑=診療報酬不正受給−奈良地裁(時事通信)
コンピューターに過大な負荷=210便に影響−管制一元化の羽田システム障害(時事通信)
posted by 7ig5nv4dzs at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。