2010年05月29日

「国内最古」12万年前の石器、実は7万年前か(読売新聞)

 国内最古とされていた島根県出雲市の砂原遺跡の石器の年代が早まり、最古と言えない可能性のあることが、松藤和人・同志社大教授らの調査でわかった。

 松藤教授らは昨年9月、「約12万年前」と発表したが、その後の調査で約7万年前のものである可能性が強いことがわかった。23日、東京・国士舘大で開かれた日本考古学協会の総会で、松藤教授が年代を修正する考えを明らかにした。

 石器の年代は、松藤教授を団長とする学術調査団が昨年9月、12万年前と発表した。出土した場所のすぐ上の火山灰層の年代が、約12万年前とみられたことが根拠だった。

 しかし、その後の調査で火山灰層の年代が約7万年前と判明。ただ、松藤教授は、地層の形成時期などから最も古い場合は約12万7000年前の可能性もあるとしており、23日の発表では「7万年前〜12万7000年前」と年代に幅を持たせる考えを表明した。

 このため、岩手県遠野市の金取遺跡(約9万〜8万年前)などの石器よりも早まる可能性がある。

 松藤教授は「『最古』ではなく、『最古級』とすべきだった。火山灰がよく似ており、同定が難しかった。今後、周辺の調査をすれば、年代を絞り込めるだろう」と話している。

高齢者施設で暴行=傷害容疑、介護福祉士を逮捕―大阪府警(時事通信)
特別交付税補てんに前向き=口蹄疫で自治体支援―鳩山首相(時事通信)
小沢氏、「参院選が最終戦」(産経新聞)
裁判員「量刑、甘い」=強盗致傷の判例検索で違和感―横浜地裁(時事通信)
<土砂崩れ>集落の160人孤立 ボートで通勤通学−−山梨(毎日新聞)
posted by 7ig5nv4dzs at 21:01| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。